ニューサイエンスと

 

「関東管区写真コンクールで優勝したとは知らなかった。それは失礼しました。しかし強行偵察の重車輔の運用、とくに放水はやったことのない長野県機だけではムリと思いますよ」激論を交している最中、至急報が入った。「県管機隊員二名が撃たれました皿」野中本部長ら首脳部は樗然として、顔を見合わせる。いま現在、部隊には行動命令は一切出ていないので全隊待機中のはず。なんで撃たれた?「どうしたんだ」と本部長。「長野県管機(管区機動隊)が特型警備車使って山荘に接近したところを撃たれました」丸山参事官が「誰もそんな命令、出しておらんぞ。本部長、貴方の指示ですか?」「いや、私は命令してない。さっきからここでみんなと会議してたじゃないか」「じゃあ誰が命令したんだ。山内警備部長、君か?なに、してない?旧軍だったら命令なしで勝手に部隊行動起こして負傷者が出たりしたら軍律違反で、軍法会議ものだよ。命令もなしに勝手なことをやるんじゃないよ」温厚な丸山参事官が顔を真っ赤にして怒っている。〃民族派″の北原課長や原隊長も、さすがに軍隊経験があるだけあって事の重大性はよくわかっているとみえて、情然としている。

しかし,最終的には,住民自身がこうした活動をみずから展開できるように,徐々に力をつけていかなければならない。また,こうした活動は組織しはじめた頃は比較的活発に展開できることが多いが,活動が軌道に乗り定着する頃から,rマンネリとのたたかい」に直面することが多い。これをどのように乗り越えるか,その方向'性のヒントを提示するのもコミュニテイワーカーの大きな役割である。この事例は,住民が見守りをしてかつ見守りを受けるという主体客体関係の連続性(利用者一仲介者一提供者),インフォーマル-フォーマルの連携,③サービス提供者間のネットワーク構築,できるかぎり在宅の暮らしを継続できるように生活の連続’性を意識する,などの点で「地域福祉的」ということができ,もし隣同士の関係だけでこうした活動が展開されていても,開かれていなければ「地域福祉的」な活動ということにはならないと考えられる。

彼らは微細なことをよいことに、いつも人の体の中を自由に動きまわり、胎盤(たいばん)を通って胎児にまで悪さをしますから、大変困った存在なのです。そしてたとえば、モンシロチョウがキャベツ畑を好むように、それぞれのウイルスには、めいめい大好きな細胞が決まっています。これらウイルスは、細胞の外にいるときには、ちょっと加熱するだけで簡単に変性するほど不安定なくせに、ひとたび大好きな細胞の中に入りこみますと、その中で悠々と増殖し、あげばくには、その細胞を餌に(えさ)してしまうのです。座こうなりますと、知恵比べのようなもので、あらかじめ「こんなウイルスが体の中に入ってjや性きたら殺つつけろ!」と人相書を渡しておいて、つまり、予防注射やワクチンのことですが、る鮒お尋ね者が入ってきたとき「あっ、人相書と一緒だ。」と、彼らが大好きな細胞に逃げ込まな派いうちに、撃滅し(げきめつ)てことなきを得ることもできるのです。

企業の歴史の中で、この時期は正味現在価値や割引キャッシュフローが拒絶された時期だった。学術研究ではEPSの操作は無意味であることが示されていたので、こうした状況はファイナンス学の教授連を困惑させた。EVAはこの混乱を解決する。NPVの問題は、それがストックの尺度であるのに対し、インセンティブはフローの尺度に基づかなければならないことにあった。すなわち、キャッシュフローを割り引く尺度としてのNPVが拒絶された理由は、それが上級経営者にとってインセンティブの道具に使えないことになった。第5章で明らかにするように、EVAとNPVはパフォーマンス評価に理想的な答えを与えてくれる。しかしながら、EVAはフローの尺度なので、各期ごとのインセンティブの道具にも使うことができる。つまり、ミラー・モジリアーーーの論文は、企業の経済モデルと、意思決定の基礎をなす価値の一般的表現としてのNPVに根拠を与えている。